ウキでガシラを狙ってみよう

ガシラのウキ釣りはあまり馴染みがないと思いますが、私のように下手なフカセ釣りをしていても、チヌは釣れませんがガシラは裏切りません。

夜明け前、夕暮れ時など特に活性が高くよく喰います。

この薄暗いときこそウキ釣りのメリットが活かされます。

暗くても根掛かりがしません

周囲が暗くてどこを探っているのかよ〜わからん、というときこそ電気ウキが、重宝します。

ただし海底ギリギリを狙うので、根掛かりしないようウキ止めの調整を予め行っておく必要がありますが。

釣り方は簡単でウキ仕掛けを作り、エサをハリに指して海底の敷石の上を、岸と並行に流します。

平行に流すと底から同じ高さを移動することになるので、根掛かりする確率もぐっと減るのでお勧めです。

エサはアオイソメでもサバの切り身でもなんでも大丈夫なようです。

なんせ釣ったガシラのハラワタで釣る人もいるそうですから、私はやってませんが...

リアクションバイトを狙え

ウキに付けたエサがフワフワと底近くまで落ちてきたときに喰ってくるガシラもいますが、少し動きを与えたときに喰ってくることが多いように思います。

いったんエサが一番下まで舞い降り落ち着くまで待ち、しばらくエサをガシラに見せたあと喰ってこない場合は、竿を横に動かして敷石の上でエサをスライドさせます。

その瞬間に竿が少し重くなり軽くきき合わせてみると乗っていることが多いです。

この調子で芦屋浜の西側など、石畳があるところではかなりの数が喰ってきました。

数は少なくなりますが夜だけに限らず、昼間も有効な誘い方なので是非お試しください。

効率的な釣り方はやはりマキエ

よく喰うエサとしてはシラサエビなど生き餌が良いのはご存知だと思いますが、それでも魚がいる場所にピンポイントでエサを落とす必要があります。

アミエビやオキアミに集魚剤を入れてばらまき、ポイントを作ってからウキの仕掛けで狙うほうが効率良く釣れます。

運がよければチヌが喰ってくることもあります。

ちなみにエサを付けずにサビキ仕掛けでも釣ることができますので、アジイワシが回遊しているときにはガシラ釣りと兼用で狙ってみても良いかもしれません。

釣り方のまとめ

ガシラが生息する場所のみ抑えられればエサはほぼなんでもOKです。

暗い時間帯に潮が満ちてくるとエサを求めて、敷石の間に生息する甲殻類を捕食に集まってきます。

なので満潮から潮が引くタイミングが良く釣れます。

エサを敷石の上に流し少しとどめてた後に、横にスライド。

これを繰り返すと効率的に釣っていくことができます。

少し寒くなってきて釣り人が少なくなった真冬がチャンスかもしれません。

煮つけにするととっても美味しい魚なので、家族4人分を目標に是非一度お試しください。

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告