簡単ぶっこみサビキよく釣れます

サビキのウキ仕掛けは、ウキの下の長さ調整も潮の満ち引きで小まめに調整が必要だし、ウキ自体潮に流されて隣で釣っている人の仕掛けと絡まったりと、慣れるまで割りと面倒な釣り方です。

釣り方簡単

アジを釣るときにかなり有効なのがこのぶっこみサビキ仕掛けです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

市販のものも売られていますが、作るのも簡単です。

シモリウキの8号(直径2cm)、ロケットカゴ、サビキ仕掛け(1.4m前後)、オモリ10号(潮の流れ方や、仕掛けをゆっくり沈めたいかなどで調整)を上から順番にクリンチノットで結びます。

これを普通のサビキを行うときと同じように、糸に結び付けるだけで出来上がり。

ちょい投げと同じ要領で、足元から沖合10~20mほどに投げ込むと、岸壁の敷石に引っ掛からないので根掛りが少なくて良いと思います。

ウキ下の調整も不要で、海底からサビキ仕掛けの長さだけシモリウキの浮力で垂直方向に立ち上がります。

ロケットカゴに詰めたアミエビが、穴から少しずつ放出され、サビキ仕掛けの横を通るときにエサと間違えて仕掛けのハリをアジがくわえてくれます。

ポイントはエサの出し方の調整

ロケットカゴは上と下が分かれるようになっていて、上下を回すことによって穴の開き方を広くたり、狭くしたりできます。

魚の活性が高い時には穴を広く開け、仕掛け投入時にエサを一挙に放出します。

また、喰いが渋い時には魚が回遊してくるのを待つため、穴を小さくして少しずつエサを出しながら置き竿にして待ちます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ちなみに、エサは空いた穴から入れると狭いのでなかなか入れにくいです。

上下にロケットカゴを引っ張って分割してからエサを詰めましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あまりパンパンにエサを詰めると思ったようにエサが出ていかないので、8分目くらいすると良いと思います。

アジの誘い方

仕掛けを投入してじっと待っておくだけでは芸がありません。

リールを巻いて少しポイントをずらしたり、竿先をブルブル振って疑似餌になったサビキのハリ先をデカアジにアピールしたりします。

ブルブルを止めた瞬間にアジが喰いつく確率が高いです。

もちろん、普通に足元に垂らして釣ることもできますので、一石二鳥の仕掛けです。

大漁を目指そう

先日3種類のサビキ仕掛けを色々変えながら81匹釣りました。

この時点でクーラーボックスは3/4くらい埋まっていたが、エサが残っているので仕掛けを自作ぶっこみサビキに変え、20m~30m沖に投入し、少ししゃくりを入れては待ち、またしゃくりを入れて待つという作戦にした。 ポツリ、ポツリと追加しているのを見られていたおじさんが声をかけてくださいましたが、ぶっこみサビキに気づかれました...

朝一6時から足元で、下カゴ、その上にサビキ仕掛け、ウキなし。

足元で釣れなくなるとウキ仕掛けで沖合10m~20mになげ、底付近まで下カゴが沈むように。

それでも釣れなくなって、10時頃からはぶっこみサビキ仕掛けで誘いを入れながら。

dsc_1538

うまくいけば、大漁も。

ただし、あとの処理が大変ですが...

皆さんも是非試してみてください。

にほんブログ村
スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告