娘2人とアジ釣り

こりもせず、またまた六甲アイランドマリンパークへアジ釣りに行きました。

dsc_1550

今回は長女が来てくれたので、次女と3人です。

時合が去った10時開始で苦戦が予想されたので、子供たちは現地でくつろげるようにテント持参しました。

暇、暇、暇

サビキ仕掛けで始めましたが、予想通りアジは姿を表しません。

そのかわりカタクチイワシの大群が足元1m以内を泳いでいます。

何万匹いるかわかりません。

この10cmほどの魚を釣るのは簡単で3号くらいのサビキバリを海面からサビキの仕掛けの長さだけ沈め、上からアミエビをスプーン1杯ほどばら撒くと、鈴なりにイワシが付きます。

暇つぶしにこんなことをしたり、持参した弁当を食べたり、テントのロープを縄跳び替わりにして飛び越えたりしてました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そんな中、近くでメタルジグを投げていたお兄さんは40〜50cmのサゴシを2匹も釣ってました。

そういえば芦屋浜の沖でも回遊しているとのことなので、今の時期チャンスなのかもしれません。

15時過ぎて時合

15時くらいになり日も少し傾きかけ、久々にボウズかと諦めかけたときに、隣の方の竿にアジがぶら下がっているのを発見。

待つこと5時間やっと来ました。

このチャンスを逃すまいとテントでくつろいでいた娘達を呼び寄せ、シーバスロッドをもたせると、すぐカゴにアミエビを入れ海中に放り込みました。

すぐに竿先がお辞儀をし、娘の腕にも心地よい振動が伝わったことでしょう。

巻き上げるとマアジがついてました。

金曜日には釣れなかった25cmほどのサバも元気よく横に走り、

長女は腱鞘炎になりそう

とか言ってました。

dsc_1547

時合は少なくとも16時までは続きました。

でもさすがに小学校低学年の娘には夜遅くまで着き合わせわけにはいかないので納竿といたしました。

他の方々はもっとアジタチウオに釣果を伸ばしたことでしょう。

まあまあ釣れました

帰りの車中は、釣りの話で盛り上がるのかと思いきや、なぜだか今はやりのPPAPの合唱となりました。

家に到着しクーラーボックスの蓋を開けるまでは15匹くらいかと思ってました。

じゃジャーン!開けてびっくり黄金のマアジが23匹!

自分一人で釣れば、この2倍くらいは釣れたかもしれませんが、ここはファミリーフィッシング、子どもたちが釣れて嬉しそうな顔を見るのが楽しいのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いつものごとく、1時間ちょっとかけて丁寧に3枚におろし、月曜日のお弁当にはアジの南蛮漬けを持っていきました。

う~ん、旨い!

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告