デカアジ不発もマアジ好調!

2016/10/16(日)

昨日も懲りずに六甲アイランドです。

サビキシーズン最盛期、ポートアイランド北公園では尺アジが釣れているそうなので、場所が近い六甲アイランドでも釣れるのではないかと。

奥さんと小学生の娘と出かけました。

少し喰いが落ちているだろうと思い、エサで引きつけるため、大きめの容器のアミエビをフィッシングマックス芦屋店で買いました。

10時に到着、マリーンパークは空いてました。

dsc_1517

あたりはほどほど

去年もそうでしだが、10月の半ばをすぎると少しずつ、マアジのサイズが大きくなるのと反比例して数が減って来ます。

昨日はアベレージサイズ1cmほど大きくなって16cmくらいでした。

大きいものです18cm、足元でのサビキはこんなところでしょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

昼間でもタチウオ釣れてました

時々ぶっこみサビキ仕掛けで30mほど投げて、沖合を回遊しているであろうデカアジを狙ってみましたが、竿先を震わして楽しませてくれるのはレギュラーサイズのアジばかり。

ふと横を向くとメタルジグを70mほど投げ、何かを狙っている方がいらっしゃいました。

12時ごろだったと思います、何かが釣れたと思ったら、銀色に輝く長細い、見覚えのある魚が。

な、なんと真っ昼間なのにタチウオでした。

少し小ぶりでしたが、子どもたちも集まってきて、

おっちゃんすごいな、今の時間は普通釣れんやろ?

口々に称賛の声が聞こえてきました。

これ、これ、ファミリーフィッシングの醍醐味。

子供たちにすごいと言わせて見たいものです。

その後、お弁当を食べ、しぶとく続けました。

14時の段階では約20匹。

このまま終わるのではと思いつつ粘りました。

起死回生の連掛け

15時ころ少しだけ休憩のため置き竿にしていましたが、奥さんの声で見てみると、竿先が叩かれています。

ゆっくり巻き上げると1匹、2匹、おおもう一匹で3匹。

まだおった、4匹!

周りも当たりが無かったときなので、プチ歓声が、大人から発せられました。

子供たちは暇すぎて周辺で遊んでいたようです、残念。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これをきっかけに、まわりでも釣れ始め、我が家も数を伸ばして行きましたが、満潮が近づき足元が浸水しそうなので納竿といたしました。

渋いながらも大漁

家に帰ってクーラーボックスの中を見てみると意外と数は多いようで、数えてみると47匹の大漁でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

またこれを3枚におろすのは大変だなーと思ってましたが、運よく半分をママ友にもらっていただけることになりました。

今回は氷ジメにしてみましたが、一匹ずつ血抜きするよりも鮮度が良いようで、金色に輝くアジはとても美味しくいただくことができました。

次回こそ、デカアジと誓う釣りバカおやじでした。

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告