サビキ釣りの説明

初心者はだいたいこの釣り方から始めます。

ごくごく初心者の方のために紹介してみます。

特徴

釣り場に行くと最も多い釣り方。

太い糸に木の枝のように針が結ばれていて、仕掛けの長さ1.5mくらいに5本か6本針が20cm間隔くらいに並んでいます。

針にはサバの皮や、ビング色の薄いゴムが巻かれていたりします。

この針にはエサをつけず、カゴから放出されたアミエビの煙幕の中に針を紛れ込ませ、アジが間違えてくわえたところを釣り上げます。

必要な道具

竿、リール、ナイロンライン3号、オモリ付きカゴ10号、サビキ仕掛け(ハリは6号 15cmのアジの場合)。

エサはアミエビ。

これをカゴに詰めるためのスプーンは、使い捨てのプラスティックでも良いですし、割り箸でも代用できます。

釣った魚を持ち帰るのならクーラーボックス。

16リットルの容量で15cm前後のマアジなら100匹くらい入りますが、そこまで釣ると家に帰って処理するのが大変なので気をつけましょう。

アミエビが手についたり、魚を掴んだりするので手を洗うための、紐付きバケツが必要です。

洗った手を拭くタオル。

アジを素手で掴むので毎回1回はお腹の下あたりの棘が刺さります。

針で刺したくらいの血が出ますので、魚つかみがあった方がいいです。

アジは底を釣れ

アジは夏とは違い、秋になると海底近くを回遊します。

オモリを一旦底まで沈め、根掛かりしないように少しだけ巻き上げて釣るようにすると、釣果が上がるようです。

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする