西宮の御前浜はこんなところ

この前の3連休に西宮御前浜へ貝殻広いに行ってきました。

近くには人と自転車しか通れない跳ね橋があり、ちょっとした魚も釣れそうなのでご紹介します。

実際に釣ってみたわけではないのであくまでも見た感じです。

場所はここ

西宮浜がある人工島と西宮マリーナがある阪神間に残された数少ない天然の砂浜とを結ぶ跳ね橋があるあたりです。

ここは海の幅が極端に狭くなっており、50mほどしかありません。

必然と魚たちはこの狭い海峡を通るので、魚影が濃くなるポイントでもあります。

駐車場は西宮マリーナに隣接するところろに数か所ありますが、我々は一番海峡に近いところに止めました。

一回500円なので長時間止めるのであれば、とってもリーズナブルなお値段設定となっています。

人工島側には近くに駐車場がないようなので、ここに止めることになりそうです。

人工島にはこの跳ね橋を渡ることになります。

一日何回か橋が跳ね上がるようになっています。

橋が跳ね上がる前には注意の放送が流れますので、人がわたっている途中で橋が跳ね上がるようなことはないので、ご安心ください。

実際橋はこんな感じで、車は通ることができません。

橋の東側はマリーナの施設があり、ワイヤーで引っ張る水上スキーをしている光景を見ることができます。

橋の西側に広がる石畳

結構広い面積の石畳が広がります。

ただし、水深は浅く釣れる魚も限定されると思います。

このときは、フカセ釣りでチヌハネを狙われている方がいらっしゃいました。

やはり橋桁のあたりが一番釣れそうな気がします。

こんな感じでウキを浮かべて釣りますが、この写真のように橋の数m上から様子が丸見えなので、見られるのが気になる人はかなりのプレッシャーになりそうです。

ルアーで釣られる方もいらっしゃるようですが、この時にはいませんでした。

ときどき、ボートで引っ張られてウェイクボードする人たちが通るので、芦屋浜の北側水道と同じく音と波による水圧の変化で寄った魚が逃げていくのではないかと、個人的には心配なところです。

釣り場紹介 南芦屋浜ベランダ
阪神間の有名所であげると、まず南芦屋浜ベランダです。 フィッシングマックスさんがスポンサーのサンテレビ四季の釣りという番組がありますが...

水道にボートが入らない早朝、夕方以降が狙い目かもしれません。

夏にはハゼ、秋にはアジイワシなどの回遊魚も回ってくるようですので、今年開拓したいポイントです。

近くにはエサ屋さんがなさそうなので、フィッシングマックス芦屋店、武庫川店、尼エサ西宮店などであらかじめ買って出かけましょう。

人が少ないので割と穴場かもしれませんが、あまり釣れないから人がいないのかもしれません。

何回か様子を見て情報追加していきたいと思います。

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告