2017/06/30付 ZFF阪神間の狙いどころ

少しのあいだ続いていた雨も土曜日にはやみそうです。

しばらく賑わったツバスの回遊も徐々に下火になりつつありますが、梅雨の時期恒例の大サバ回遊が始まりました。

アジュール舞子を中心に大勢の方々が夕方から夜にかけて、楽しまれることと思います。

狭い場所にたくさんの人が訪れるので、トラブルが起こりがちですがそこはお互い譲り合って、仲良く楽しむようにしましょう。

今週もゼロからのファミリーフィッシング(ZFF)阪神支局がファミリーフィッシングの釣り物を予想してみたいと思います。

週末の天気

週末土曜日は曇り時々雨、日曜日は曇りです。

最高気温は土曜日、日曜日ともに30℃、最低気温はともに24℃となっています。

日曜日は特に気温が上がるので熱中症対策を完璧にして出かけましょう。

神戸港の海水温は先週と同じく24℃前後を推移しています。

マアジ 16℃~26℃、キス 16℃~25℃、チヌ 13℃~23℃、マイワシ 15℃~24℃、ベラ 17℃~26℃、ゴマサバ 19℃~25℃, ハマチ 18℃~27℃...夏の魚たちを狙いましょう。

潮まわりは土日ともに小潮です。

干潮は10時前後と19時前後、満潮は土曜日13時、日曜日16時です。

今週は15時くらいから釣りはじめ、日没までが良いかもしれません。

日出は4:50、日入は19:16、夏至も過ぎ先週よりも3分昼間が短くなってます。

各地の狙い目

武庫川では阪神武庫川駅の周辺でマハゼの小型が釣れ始めました。

ブッコミのキビレはだいぶ数が少なくなってきたようですがまだ狙えます。

西宮ケーソンではタコがたくさん釣れてるようです。

サビキでも小サバを中心にそこそこ数は出ているようです。

鳴尾浜では良型のマアジ20cmが数は出ませんが釣れてます。

ぶっこみサビキで狙いましょう。

南芦屋浜ではサビキで小サバタコが釣れてます。

フカセ釣り、ダンゴ釣りをされる方は、そこそこチヌも釣れているようなので、お子さんのサビキに付き合いながら横で狙ってみるのも良いかも。

兵庫突堤は小サバ、良型のマアジカレイアナゴも釣れているので楽しいですよ。

ポートアイランド北公園でも、ツバスが回遊しているようなのでメタルジグで狙えそうです。

神戸空港ではツバスが朝方回遊中。

須磨海岸ではキスが依然好調続き、波止からは豆アジも狙えるようです。

数は少ないですがカレイ、夜にはアナゴが釣れたりします。

アジュール舞子では小サバがたくさん釣れているようですが、大サバも予想通り回遊してきたそうです。

今週の土日夕方からかなりの人ごみになるのではないかと思いますので、大サバを狙わない人はこの時間帯を避けたほうが良いかもしれません。

各地で回遊魚狙いができそうです。

今週はあえて南芦屋浜で大サバをねらう

アジュール舞子で大サバが釣れたようですが、ここはあえて南芦屋浜で大サバを狙いましょう。

毎年数は少ないながら40cm前後が釣れている様です。

オキアミ、サンマの切り身、キビナゴをつけエサにし、カゴ天秤で狙いましょう。

カゴにはアミエビを入れてサバたちをおびき寄せよう。

深さは2ヒロ前後を狙い、深くしたり浅くしたりして回遊する大サバのレンジを探ってみましょう。

早朝よりも日が暮れてから22時くらいまでの間が良さそうです。

暗い中なので電気ウキが必要になります。

持ってない方は、秋のタチウオ釣りにも使えるので、1つ買っておきましょう。

竿は遠投磯竿4号、リールはスピニングリール3号以上がおすすめです。

大サバの引きで隣の人と仕掛けが絡まないよう、あえて強めの竿を使って強引に引き上げましょう。

釣れたら刺身がベスト、ちょっと刺身に抵抗があるならしめ鯖、みそ煮などいかがでしょう。

とっても釣り上げる確率が低い釣りですが、釣れるとヒーロー扱いされること間違いなし。

最近、あるお店で食べたサバ寿司がとっても美味しくて病みつきになりそうな味だった。 分厚いしめ鯖にオオバをはさみ、酢がまろやかにきいていて、しゃりがとっても上品。 ご主人に聞くと、良いサバが入ったので美味しいサバ寿司ができたとおっしゃってました。 やはり、大きく脂ののった大サバが必要だ!

では、今週もファミリーフィッシングを楽しんでください。

にほんブログ村
スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告