食べてみたいアコウの刺し身

先日弟から写真が送られてきました。

イカが網ですくえたりもするくらいうらやましい状況らしいです。

シーバスイカをエサに釣っているようです。

その中に高級魚のアコウ30cmがありました。

私も釣ったことはあるのですが、その時は冬だったので煮魚で食べました。

今まで食べてきた煮魚では最高レベルに匹敵する旨さだったことを記憶してます。

夏のアコウは冬のフグに匹敵か

これがそのアコウの写真です。

ジグパラが下あごに掛かってます。

私が釣ったときは、メタルジグではなく今は亡きキャスラバ(根掛かりでロストしました)で底を狙って釣り上げました。

5,6回目にルアーを底まで落とし、少しゆっくり目に巻いていると、ロッドに重みがのしかかり、明らかに何かヒット。 キャスラバでのヒットは初めてだったので、魚種がよくわからずもしや待望のマダイかと期待しながら、バラさないようにラインのテンションを一定に保って巻き上げる。 水面近くに浮いてきた時にはマダイではないことはすぐに...

このアコウという魚、私は煮付けにするしか思い浮かびませんでしたが、実は刺し身が美味いというのは関西ではかなり有名な話らしいです。

この刺身をどうしても食べてみたい。

この魚、買うとなるとそこそこ高いようで、30cmほどので数千円すると聞いたこともあります。

昔から高級魚と呼ばれていますが、最近では稚魚の放流がされたりして私でも釣れるくらいなので、結構数が増えているようです。

食べ方では刺身が美味しいという人が結構いらっしゃるようです。

夏場に食べるアコウ刺身の味は、冬のフグに勝るとも劣らない絶妙な味とのこと。

フグの刺身は食べたことはあるので、やはりこのアコウの刺身どうしても食べてみたいと思います。

アコウはどこで釣れる?

はっきり言ってほとんど知らないです。

阪神間では南芦屋浜で夏場にシラサエビで釣れたとよく聞きます。

なんとなくシラサエビを大量に売るための、釣具店の戦略のように思えて仕方ないですが。

どうやら皆さんのブログやらなんやら調べてみると、捕食しているのはエビなどの甲殻類と小魚みたいです。

陸から釣れるのは30cm前後、メタルジグなどのルアーやメバル狙いのワームにもヒットするらしいです。

生息しているのは底に近いところだが、夜になると海面近くに浮いてくるので、メバル狙いのワームにも反応するようです。

阪神間では人工島の周りの敷石があるところが狙い目か?

南芦屋浜なら西側の敷石があるところ。

そういえば以前西側で釣っていたときにおじさんが現れ、南芦屋浜の周辺でアコウがよく釣れていたと仰ってました。

じゃっかん、南芦屋浜に居ついた魚の刺身は抵抗がありますが...

アコウの入手方法検討継続

刺身で食べるのはやはり自分で釣って、新鮮なものを食べるに限る。

釣れる場所をもう少し範囲を広げて調査継続することにしました。

もしかすると、先輩からのお誘いで船で釣りに連れて行ってもらえるかもしれないので、その時がチャンスるかもしれません。

対策検討継続中。

スポンサーリンク
広告