アジぶっこみサビキの原型

今週末はまたお天気悪いみたいです。

釣行は無理かもしれませんが、かねてより思案していたアジの投げ釣り仕掛けを作ってみました。

小さいアジばかり釣って帰ってもさばくのが面倒なので、20cm前後のアジを釣りたくて考えてみました。

大きいアジは沖にいるそうなので、投げ釣りで40~50m先の底を狙いたいと考えています。

こんな感じです。

スポンサーリンク
ゼロから 大

ぶっこみサビキ

なーんだ、飛ばしサビキでないの?

と思われるかもしれませんが、ウキはつけません。

全長1m弱です。

遠投カゴ釣り用の竿4.5mでこれを投げます。

ロケットカゴ無しならば、70~80mは飛ばせるので、ロケットカゴをつけて40~50mくらいは投げられるかと。

ロケットカゴの上には発泡スチロール素材のシモリの7~8号を結び水中で仕掛けが立つようにします。

仕掛けとの間にはクッションを入れ、遠投のときのショック吸収と大物がかかったとき、瞬間的な衝撃を吸収するために使います。
無茶苦茶わかりにくいですが、胴突き2本バリです。

ハリは狐3号を使って、幹糸5号、エダス2号にしています。

オモリは10号。

エサはハリにアオイソメ、ロケットカゴにアミエビをいれ、上から少しづつアミエビが落ち、それに気づいたアジが寄ってきたところ、アオイソメを見つけて

パクリ!

夜釣りを考えていますので、胴突きの上の辺りにケミライトでも付けたらいいのかな?

結果は、近々報告いたします。

スポンサーリンク
ゼロから 大
ゼロから 大

シェアする