ガシラの際釣り

大概の方はガシラが釣れると、

ガシラかっ

と思われるのではないでしょうか。

ても、専門に狙ってみると案外釣れないことも多いかと思います。

まずは基本中の基本、岸壁に沿って仕掛けを落とすキワ釣りです。

ガシラの釣り方で際釣りとならんでポピュラーな釣り方は穴釣りです。 敷石とかテトラの隙間にブラクリ仕掛けを落として、真っ暗な穴から糸を引き上げると魚がついてくる。 ガシラが住み着いている穴を探すのに、結構あちこち歩き回る体力勝負の釣りでもあります。

ブラクリ仕掛けに、キビナゴやアオイソメ、シラサエビなどをエサにして海の底を直撃します。

手堅いキワ釣り

オモリのすぐ下にハリがついているブラクリ仕掛けで、アオイソメやサバの切り身などをエサに岸壁の壁キワキワに落としていくと、海の底のほうで上から落ちてくるエサを待ち構えたガシラが喰いつきます。

顔の上に目がついているのは、上から落ちてくるエサを見つけるためらしいです。

ガシラソイなど根魚(ロックフィッシュ)は大体縄張りが決まってます。

あまり移動したりしないので、一か所を数回せめて反応が無い場合は人間が移動して根魚たちの縄張りを探します。

また、須磨海浜水族園に行かれた方は、見たことがあるかもしれませんが、実は岸壁のちょっとしたくぼみにもヘバリついたりしてます。

なのでオモリを落とすときには一気にに底まで落とさず、ゆっくり目に落とすとヘバリついたガシラが喰らいついてきます。

運が良ければ割と海面に近いところで、ウミタナゴが喰ってくることもあります。

この釣り方は自分の住処でエサが落ちて来るのを待っているガシラに対する攻め方なので、住処でないところをいくら入念に探っても釣果は上がりません。

この釣りに関しては足で稼ぐ釣り方となります。

仕掛けの定番ブラクリ

基本的にはオモリにハリを付けるだけで良いので、自分で作ってもしれてますが、釣り具メーカーは思考を凝らしていかにも釣れそうなものを作られています。

名称はブラクリで統一されてますが、ハリを2本にしたもの、蛍光色で誘うもの、ルアーでしょと突っ込みたくなるものなど...

また、オモリの形状もテトラを転がしながら、海の底までエサを運ぶもの。

細い敷石の間をスルッと通し、潜んでいるガシラを直撃するものもあります。

どれを選んだら良いか迷ったらブラクリ仕掛けおすすめ5タイプを参考にしてみてください。

寒い時期になると世の中ガシラやメバル、アコウなどロックフィッシュ目当てであれこれ考える釣る人が多くなってきます。最も一般的な釣り方は、テトラや海底の敷石に潜むロックフィッシュを狙うため、ブラクリ仕掛けを使うことが多いと思います。しかし、この
スポンサーリンク
広告