電車でお手軽ハゼ釣り阪神武庫川駅

ファミリーフィッシングで電車に乗って行けるところと言えば、阪神武庫川駅です。

ここではハゼはもちろんのこと、手長エビも釣れちゃいます。

電車で釣り人行くので、なるべく少ない道具で行きたいところです。

ハゼ手長エビもとっても少ない道具で釣れちゃいますので電車釣行にぴったりですね。

釣り場も川沿いに何百メートルも広がっているので、ゆったりのんびりファミリーフィッシングを楽しむことができますので、ご紹介していきます。

電車でファミリーフィッシング阪神武庫川駅

尼崎の南側に位置する阪神武庫川駅

ここは阪神間のハゼ釣りの有名どころです。

電車が阪神武庫川駅に近づくと、クーラーボックスを持ったおじさんたちがたくさんおりていきます。

そのおじさんたちについていくと、釣り場へたどり着くことができますよ。

ついていくのが不安な方はしたの地図をみてください。

武庫川の河口から約3Km上流にさかのぼったところに駅があります。

ハゼは汽水域に住んでいるので、河の淡水と海の海水が混ざったところまで生息しています。

ちょうど阪神武庫川駅のあたりから上流が淡水域になり、コイブルーギルなどが住んでいます。

写真右奥が阪神電車の駅で、その手前に汽水域と淡水域とを分ける堰があります。

駅の近くに公衆トイレがあるので、トイレが近い人はあまり遠くまで行かないほうがいいかもしれません。

ここらへんから河口に向かって2Kmほど河川敷が伸びています。

エサはここで買います

阪神武庫川駅のすぐ近く、歩いて約1分のところに武庫川釣具センターさんがあります。

虫エサが安く売られているので買って行きましょう。

少し600mほど歩いたところにはフィッシングマックス武庫川店もあります。

ハゼは結構色々なものを食べるので、虫エサの代用に塩辛ベビーボイルホタテ魚肉ソーセージなど色々あります。

あらかじめ持っていく弁当のおかずを買うときにスーパーで買ったり、忘れたときには駅のコンビニとかでも買えたりします。

釣りものはハゼ、手長エビ、キビレチヌも

夏から秋にかけてはマハゼウロハゼ手長エビが川岸から数mのところで釣れるのでお手軽です。

自転車に乗ってやってくる、重装備のおじさんたちはキビレチヌを狙っておられる方だと思います。

仕掛けもとっても簡単、竿、糸、サルカン、オモリ、ハリ、以上!

延べ竿に糸をつないで釣っても良し、サビキに使っている竿、リールに仕掛けを結んでも良し。

手長エビは、川岸キワキワをタナゴ竿で狙っても楽しいですよ。

ワンポイントアドバイス

電車で釣りに行くのでなるべく荷物をコンパクトにまとめたいですよね。

釣れた魚を持って帰らないのであれば、クーラーボックスも不要です。

リュックに振り出し竿、リール、オモリ、仕掛けを入れるだけ。

電車の中で荷物が邪魔になることもありません。

河川敷なので日よけがほとんどありません。

帽子、日焼け止めは必須です。

自動販売機も駅周辺にしかないので、あらかじめ飲み物は買っていきましょう。

ハゼも意外とうろうろしています。

川岸で釣れなくなったら10~20m先を狙ってみましょう。

橋桁などの構造物がある付近も結構釣れるポイントです。

海と違い水が流れてますので、河に落ちないように十分気を付けて小物釣りを楽しんでみてください。

阪神間の有名所であげると、まず南芦屋浜ベランダです。 時々週末にも撮影しているときがあり、MCの伊丹さんをお見かけしたこともあります。 この阪神間のメジャースポットである南芦屋浜ベランダへのアクセス、エサを売っているところ、駐車場の情報をお届けしたいと思います。
スポンサーリンク
広告