2017/06/23付 ZFF阪神間の狙いどころ

あきらめてめくりアジと呼ばれている良型の20cm超のマアジ狙いに切り替え、5匹ほど釣ることができました。鳴尾浜でも27cmのマアジが釣れているので、どうやら限られたポイントでめくりアジたちが回遊しているようです。釣り方も仕掛けを投げて放置するだけなので簡単です。 是非挑戦してみてください。

六甲アイランドのめくりアジ攻略方

2017/06/18に六甲アイランドでめくりアジ5匹を釣り上げた。 サイズはいずれも20cm以上、最大22cmと少し小ぶりなのかもしれないが、黄金の輝きがあり、体高が高く、お腹を開くとびっしりと脂が詰まっていた。 刺身にして食べると今まで食べてきたアジの中では最高レベルの味わい。 このめくりアジの釣り方についてあくまで素人の発想だが、まとめてみる。

2017/06/16付 ZFF阪神間の狙いどころ

鳴尾浜、南芦屋浜では最近ツバス(ブリの幼魚)も好調のようです。 大きなものは30cmほどあるようなので、釣れたらかなり楽しめそうです。 兵庫突堤でもツバス釣れてまが、20cmほどのマイワシも釣れているようなので、オカズの確保もできそうです。 ポートアイランド北公園でも、小サバの回遊あり、それをエサにシーバスも集まってきてます。

六甲アイランドぶっこみサビキでボラ

以前から試してみようと思いながら、なかなか試す機会が無かったチューブ入りのアミエビです。 今回はフィッシングマックスさんのオリジナル、アジマックス入りの1Kgチューブタイプアミエビ600円にしましたが、少し500円だったと思いますが、アジマックスが入っていないタイプのものも売られてました。 もちろん、従来どおりチューブタイプでないものも売られてました。

2017/06/02付 ZFF阪神間の狙いどころ

エサはフィッシングマックス武庫川店で石ゴカイ300円ほど購入。ラインにオモリ、ハリを結ぶだけの簡単な仕掛けにエサを付けて川岸に放り込むだけ。 見えるところに岩陰からハゼたちがエサに向かってアタック。釣れるところが見えるので、お子さんがとっても喜びそうな釣り方です。

2017/05/26付 ZFF阪神間の狙いどころ

まだ釣れるかどうか微妙にわからないですが、工事中釣れなかった駅前がもしかすると狙い目かもしれません。須磨海岸ではキスの釣れゆきが良くなってきているので、ちょい投げで30~40mほど投げて、海底の砂の上をずるずるとエサを這わすだけです。今の時期はわりと大きいサイズのキスが釣れやすいので、20cm超の良サイズが狙えるかもです。

2017/05/19付 ZFF阪神間の狙いどころ

大きなサバは釣れるとかなり走りまわり仕掛けがグチャグチャにされますが、今の時期の小サバはかわいいもので、10cmにも満たないサイズですので小さなお子さんでも簡単に釣れると思います。 サビキ仕掛けのハリは3号までの小さいものが良いです。

2017/05/12付 ZFF阪神間の狙いどころ

メインはカタクチイワシ、表層ではグレ、底で良型のマアジも釣れている様です。サビキ仕掛けのハリは3号までの小さいものが良いです。ちなみにマアジはたまたまサイズが良いのが回遊しているのではなく、毎年この時期に現れるそうなので、専門に狙っても良いかも。

スポンサーリンク
広告
広告