2017年10月下旬雨の中六甲アイランドでワインドタチウオ

台風の到来間近、雨を覚悟で六甲アイランドへ向かいました。

いつものようにフィッシングマックス芦屋店に行きましたが、エサは買わず新兵器購入。

5時過ぎに六甲アイランドに到着です。

スポンサーリンク
ゼロから 大

早朝はタチウオ好調

夜明け前は雨は降ってませんでしたが、若干人も少なく釣座を確保できました。

新兵器は温存し、まずはいつものジグパラワインドで開始。

ダイソーのケミライト25mmをワームに挿入し、両隣の方の邪魔にならないようにまっすぐキャスト、軽くシャクってあたりを待ちます。

ワーム着水後カウントして、当たる棚を探ります。

5秒からはじめ、5秒刻みでそれぞれの棚3回ずつためし、15秒の棚で1匹目がかかりました。

まだ夜は開けず、薄暗い時間の5:50頃でした。

サイズは?50cmくらい、指2.5本分です。

もちろんリリース。

久々にアジ見ました

6時過ぎ、隣でサビキをされていたお姉さんに15cmくらいのアジがかかりました。

1か月以上お目にかかってなかったので、このタイミングでアジ釣りに切り替えればよかったのですが、もうしばらくの間釣れるだろうと思い、逆にタチウオのエサがいるのだからと、タチウオ釣りを続けました。

結果的にはアジの時合は続かず、アジなしの日になってしまいました。残念。

まあ良しとしましょう、2本目も6時前に釣れたので。

これも小さいサイズでリリース。

周りでも同じくワインドしてる人は多かったですが、釣れる人と全く釣れない人に別れてました。

原因はよくわかりません。

ものすごく釣れていた人は、ほんの20mほど投げて釣れてました。

確かに自分も遠投するのは60mから70mくらいでしたが、かかるのはかなり岸によったところだったので、タチウオたちがかなり近くまで来ていたのかもしれません。

さらにもう一本追加

なんとなくパターンがつかめたのか?

一応3本目も釣れました。

これもカウント20でした。

かろうじて指3本、60cmくらいあったのでお持ち帰り。

このあとはあたり止まり、明るくなったのでパターンを変えてみました。

ジグシグパラメタルと新兵器のFLAP釣法用のジグヘッドです。

今回はPOWER SHUDというワームを付けてみました。

ずる引きで行けるということでしたが、どうも棚があってなかったようです。

新兵器では今回釣れませんでしたが、釣り方がユーチューブで詳しく説明されていますので、次回は釣り方をよく見てマスターし、ワームも相性が良さそうなマナティーを使ってみようと思います。

雨の中メタルジグでかけるも...

雨の中もひたすらジグパラメタルジグ、ジグパラワインド、FLAPを繰り返してましたがあたりは完全に遠のきました。

そんななか、9時過ぎに久々のあたりがジグパラのメタルジグにありました。

底まで落とし4,5回しゃくって引き上げ、また底まで落とすの繰り返しです。

リフト&フォールを繰り返していると、岸から30mくらいのところで1度ゴツッと当たりが伝わってきました。

何かがいるようなので、岸から40mくらいのところから、同じアクションをしてみるとロッドに重みがのしかかり、魚がかかったことがわかりました。

何となくタチウオのような感触です。

ラインが緩まないように少し早めに巻き上げ、海面に浮かせました。

銀色の魚体が見えた瞬間、慎重にやったつもりなのに~!

ロッドが軽くなってしまいました。

お~貴重なタチウオが...

雨も強くなり皆さんほとんど帰られてましたので、私も納竿といたしました。

ちなみにこの釣り場の注意事項ですが、満潮時には船が通ると海水が岸に上がってきます。

台風接近かつ大潮の満潮だったので、ものすごく波が押し寄せてましたよ。

長靴必須です。

皆さん靴がビショビショになってました。

柵に足を乗せ、私も以前こんな釣り方してましたね~。

釣行データ

気温18℃、風5mくらい。

満潮は8時ころ、潮はまずまず流れてました。

ロッド シマノ セフィアBB R800

リール シマノ セドナ2500S

ライン PE1号、リーダーフロロ5号。

ルアー ジグパラワインド5/8os、ジグパラメタルジグ(イワシカラー)30g

    FLAPジグヘッド+パワーシャッド5インチ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。