灘方面で釣りタチウオ狙うも不発、マアジも

この前の日曜日、冷え込む中、性懲りもなく神戸東エリアに出撃!

前の日の土曜日に尼崎魚つり公園へ行きましたが、散々の釣果。

起死回生、南芦屋浜ベランダへ行くつもりでしたが...

超早朝、2:30に起床。

今回こそは南芦屋浜ベランダへ行くぞと意気込み、3:00出発。

3:30にはいつものフィッシング芦屋店に着きましたが、駐車場はすでに80%埋まってました。

なんだ、この釣り人気は?

こんな時間なのに小学生の子供たちまでいましたよ~、かわいそうに。

というわけで、行先を神戸東エリアに変更しました。

スポンサーリンク
ゼロから 大

タチウオ釣り大人気

テント張って場所確保している人もいるじゃないか~

4:00頃、現地に到着してびっくりです。

釣り人は満杯ではありませんが、そこそこ埋まってます。

わりとすんなり場所は確保できました。

ほとんどの方がタチウオ狙い、電気ウキのエサ釣りです。

4時台、5時台はほとんど釣れていなかったみたいです。

6時頃明るくなってきてからポツリポツリと銀色の魚体が空中を舞うのが見えましたが、私の周囲では2本だけでした。

2週間前に来た時にくらべ寂しい釣果です。

FLAP釣法で起死回生なるか

私もなんとか1本釣り上げようと、新兵器オンスタックルさんのルミノーバを使ってみました。

UVライトで照らすと良く光ります。

YouTubeで見たFLAP釣法を見ようみまねで試してみました。

キャストしてジグを沈めます。

カウントして5秒,10秒と刻みでレンジを変えてみました。

レンジに到達すると引き釣りです。

ロッドを水平に引いて止め、引いて止め4回くらい繰り返すとロッドを前方に戻し、戻した分ラインを巻いて最初から同じ動きを繰り返します。

30分ほどやってみましたが、まったくあたりがありません。

気を取り直してワインドに切り替えました。

すっかり明るくなった6:30頃、となりでウキ釣りをしていたおじさんが、小ぶりのタチウオを釣り上げました。

これを最後に帰路についた8:00頃までまったくタチウオを見ることはありませんでした。

ということは、私も釣れてないということですかね。

今回はタチウオなしです。

マアジの回遊短かっ!

お隣のファミリーがサビキをされてましたが、6時30分ころにマアジがかかりました。

タチウオを狙いながらも食材のマアジ確保を狙い、サビキ仕掛けは投入済みでした。

私の仕掛けにもマアジヒット!

タチウオあきらめサビキのエサをせっせと投入しましたが、アッというまに時合終了。

20分続かなかったのでは?

周りのファミリーはとても残念そうでした。

幼稚園に行ってないくらいの小さいお子さんも、せっかく早起きしてきたのにね...

ちなみにサビキのエサはマルキューのアジ姫あとは釣るだけ

あとは釣るだけは常温保存でき、アミカゴにいれてもすぐに溶けます。

若干海底に着底するまでにエサが放出されるような気がします。

アミ姫も常温保存できます。

アミエビの粒がはっきり見えますが結構サラサラな感じで、臭いはフルーティー、くっさい普段使っているアミエビとは大違い。

欠点もあります。

アミエビがカゴに張り付いて残ることがあります。

もう少し集魚剤などの固形物を混ぜたほうが良いような気がしますね~。

どちらも釣れるのか釣れないのかという判断までには至ってません。

なんせ、マアジがいないので。

フィッシングマックスさんのチューブタイプもアジマックス入りと入っていないもの両方使ってみましたが、アジマックスが入っていないものは若干アミエビがカゴに張り付きます。

集魚剤がほどよく入っているアジマックス入りが、カゴに詰めたアミエビが海底までほぼ解けることなく届き、しゃくるとアミエビが放出されカゴに残らないように思います。

あくまで個人的な感想ですが、一押しはアジマックス入りのアミエビチューブタイプです。

今後もエサの比較してみたいと思います。

タイムオーバー

帰宅時間の8時になりました。

釣れないので皆さんもだいたいこの時間に撤収です。

3連休中土日の2日も釣りに出かけましたが、満足いく釣果は得られずフラストレーションが残る休日となりました。

このフラストレーションが次回出撃の原動力となるのでした。

マアジの釣果は前日土曜日の3倍!

最大16cm、じっくり時間をかけて3枚におろしました。

おかずになってね~!(妻談)

スポンサーリンク
ゼロから 大
ゼロから 大

シェアする