ZFF予想の結果は?六甲アイランド10月10日釣果

2016/10/10体育の日に奥さんと小学3年生の娘と釣りに行ってきました。

ZFFで予想した通り、サビキでアジ釣りです。

朝は遅めの出発、8:30頃に家を出ていつものとおり、フィッシングマックス芦屋店でアミエビ500円のを購入。

コンビニで自分たちのエサも買い、六甲アイランドのデカパトス駐車場、1日600円に車を置いて釣り開始は10時頃となりました。

3連休ですが総混雑しているわけでもなく、空いたところにすんなり入ることができました。

dsc_1502

スポンサーリンク
ゼロから 大

依然マアジ好調!

早速娘と奥さんの仕掛けの準備をし、釣り始めて10分経過でマアジ13cmがかかりました。

これを皮切りにポツリポツリと、地合いがあるわけでもなく1匹か2匹づつ釣れ続けます。

25cm前後のサバアジと同じくらいの数が喰ってきます。

こいつが曲者で、ビクッと竿に振動が伝わると同時に大きく竿が曲がり横に走り出します。

すぐに糸を巻き始めれば良いのですが、少し遅れるとサバが暴れまくってサビキ仕掛けがグチャグチャにされてしまうので、我々家族はバーサー最悪と言いなが格闘していました。

釣れすぎ注意報継続中

2週前の勢いは無くなったものの、まだまだたくさん数が釣れます。

美味しく食べるために、一旦バケツに入れた魚は生きているうちにハサミでチョッキン、エラのところを少し切って血抜きし、氷の入ったクーラーで冷やします。

締める方法は色々あるようで、海水に氷を沢山入れキンキンに冷やし、生きたまま魚を入れるる氷締めのほうが美味しく食べられるというのもよく聞きます。

次回検証してみます。

終盤はエサが少なくなってきて、アミカゴの中にはエサなしでサビキ仕掛けだけで釣ってましたが、そこそこアジサバも釣れました。

納竿寸前にハプニンク連発

15時までの予定で釣りを続けてましたが、お隣で釣っておられた方に悲劇が。

置き竿してたところに、どうやらサバがかかったらしく、竿ごと持っていかれました。

竿は海中に先を下にして突き刺さったように浮いてましたが、サバに引っ張られ沖へと流されていきました。

これはよくあることで、別の場所ですが私も以前正体不明の魚に竿を海中へと引っ張りこまれました。

幸いもう1本の竿で引き寄せ回収できましたが、今回は残念でした。

そうしていると、東のほうに大きな自動車を運搬する船が通るのが見えました。

満潮近くになっていましたが、この日は大潮ではなく長潮だったので大丈夫だと思っていました。

しばらくすると東からだんだん悲鳴とともに、波も西へと向かってきました。

前回の記事でも自分で気を付けるように書いてあったにも関わらず、広げた荷物がビチョビチョ。

これで納竿といたしました。

好調マアジ、でもあとが大変

マアジの好調は続いています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回も50匹越えで、ひたすら3枚下し。

またもや2時間かかりました。

横でテレビを見ていた奥さんが何やら痛いと言ってました。

見てみると、ズボンの下靴までの間が日に焼けて真っ赤になってました。

実は私も顔がヒリヒリ

10月なので大丈夫だと思って、日焼け止めを塗らず、帽子もかぶらずにいたので、ガッツリ日焼けしてしまいました。

皆さまくれぐれも今回の記事のようなことにはならないように、対策して好調マアジ釣りを満喫してください。

以上、今週の阪神間ZFF狙いどころの検証報告でした。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。