2017年9月24日の灘方面の昼間様子

この前の日曜日に奥さんと小学生の娘と3人で、灘方面へ久々の昼間釣りに行ってきました。

いつものようにフィッシングマックス芦屋店でアミエビとサビキカゴ、サビキ仕掛けを買って到着したのが10時過ぎでした。

スポンサーリンク
ゼロから 大

サビキに専念

今回はアジ釣りに専念しようとサビキ下カゴ仕掛けと、いつものぶっこみサビキを準備しました。

今回のアミエビは3人で釣るのでチューブタイプアジマックスなし1Kg550円ではなく、コスパ重視のプラパッケージ2Kg880円にしました。

スプーンもサビキカゴに入れやすいタイプのものがついてました。

すくったアミエビを押し出せるような仕組みになっていて使ってみると結構便利でした。

洗って持って帰り再利用でもいいかも。

5分ほどで準備完了してスタート!

この時点ではやる気満々の2人でしたが...

30分くらいは何もあたりなく、とりあえずカタクチイワシが釣れてくれました。

この日は昼間とってもシブかったです。

お昼が近づくにつれ、人がどんどん帰っていきました。

昼からポツリポツリとアジ

それでも時々マアジはかかりました。

サイズも15cmに満たないものばかり。

最終的には6匹ほど。

その他サバが1匹。

周りの人の釣れ具合も見てみましたが、アジはポツリポツリといった具合で少し寂しい状況でした。

12時くらいにサビキ仕掛けタチウオを1本釣った人がいらっしゃいました。

メタルジグでひたすらキャストを繰り返していた人も14時くらいにタチウオ1本を無事仕留められていました。

タチウオはどちらも70cmくらいだったと思います。

隣で釣っていた親子のお父さんはアオイソメをエサにちょい投げでサンバソウ(イシダイ)1匹GET。

灘方面の釣果

南蛮漬け様に持ち帰った小アジ6匹。

その前の日の土曜日に釣れた、23cmのマアジとともに南蛮漬けに変身してもらいました。

去年の同じ時期と比べるとちょっと寂しい結果となってしまいましたが、1年で一番釣れるであろう10月からはきっと釣果が伸びるはずです。

今年もしばらくの間、週末海に通う回数が増えそうです。

7防灯台へ着いた。 今週金曜日に四季の釣りで紹介されただけあり、渡船でたくさんの人が渡ってきている。 赤い灯台を南へ回り込むといきなり堤防からタチウオを上げている人を発見! いきなりテンションが上がるとともに、ジェットボートに取り付けられている魚探が鳴り始めた。 堤防の南150m付近の水深は18m、案外浅い。
スポンサーリンク
ゼロから 大
ゼロから 大

シェアする