六甲アイランド サビキ釣りでデカアジGET!

先日の予告は兵庫突堤だったが、人が多そうなので諦め、六甲アイランドマリンパークにしました。

4時に家を出発し、いつものようにフィッシングマックス芦屋店でアミエビとキビナゴを購入しました。

キビナゴはデカアジのエサにするためです。

スポンサーリンク
ゼロから 大

まずはタチウオ

デカパトスの駐車場へ入った時には、だ~れも車を止めてませんでした。

なんだか1人だけ言うのはとっても気持ち良いものです。

平日の早朝で、雨が降るかもしれないというシチュエーションからか、ガラ空きだよ~。

先客は10名ほどで、ウキ釣りやワインドタチウオを狙われてました。

私もメジャークラフト ルアー ジグパラワインドスタートキット の準備をし始めました。

周りの方々の様子を見ながらしゃくり始めるが、雰囲気からするとどうやら今朝は釣れてないようです。

5:30くらいになり、東の空が薄明るくなり始めてきたので、ワインドを断念し早朝アジの準備を始めました。

マアジ足元から

奥さんにマアジ50匹宣言をしてきたので、あらゆるパターンを想定してサビキの準備を始めました。

まずは、足元+少し沖を狙えるように、ウキ釣り仕掛けにしました。

いつも使っている8号カゴは沈みが遅いようなので、10号の金属網のタイプにして試します。

サビキ仕掛けは、デカアジも狙えるように少し大き目の8号ケイムラにしてみました。

夜が明けた6時過ぎ、西でサビキを始められた方にヒット。

私もすかさず足元に投入、5分ほど経過してもかからない。

いまだあきらめきれないタチウオを狙って再びワインド仕掛けをキャストした瞬間、置き竿にしたサビキ仕掛けが大きくしなった。

慌ててワインド仕掛けを巻き取り置き竿に向った瞬間、フェンス際に打ち上げられた海水で摩擦力が小さくなった地面に、その浸水対策用にはいていた長靴の靴底のグリップ力が耐えられず、バナナの皮を踏んでツルット滑って転げるがごとく、見事にシリモチをついてしまった。

おかげでお尻がびしょ濡れだ~。

ゆっくりしていられない、ラインを巻き取ると18cm前後のマアジが3匹ついていた。

幸先良いスタートでした。

入れ食いの後デカアジ登場

足元3m先にウキを外して落としてました。

最高5本のハリに18cm前後のマアジが5匹ついていたりしました。

8時頃までは入れ喰い状態が続き、この時で16リットルのクーラーボックスが半分くらい満たされてました。

次第に足元で釣れなくなってきて、西側で釣られていた人は引き上げ準備を始めました。

私は足元の回遊が止まったと思い、少し沖を狙うためにウキ仕掛けに切り替え15m先に投入。

読みはあたり、まずは2匹がかかりました。

そこへ、西側で釣られていた方が帰り際に来られ、お話を聞くと

今日はよく釣れました。
あんまり投げなくても釣れるんですね~。

とおっしゃって帰っていかれました。

そうなんです、予想に反してあまり沖合遠くに投げなくてもたくさんウキ仕掛けにかかってくれます。

順調に釣果を伸ばしているところに、また釣り人が来られ、色々お話を伺っている途中でググッとそれまでとは違う引き。

横に走ることもなくサバではないことを確信しましたが、ちょうどキビナゴをつけていたので、イシモチでもかかったかと思いながら巻き取りました。

お話ししながら竿を立て、ラインを巻き取り海面に魚影が見えると、釣り人さんから

ええのが釣れましたね~。

と言っていただけました。

待望のデカアジ

期待していた尺アジまではいきませんが、25cmのサイズはほかの釣り上げたアジと比べると見た目全然違います。

体積が2倍くらいあるのでかなり大きい。

去年は11月7日に同じくらいのが釣れていたので、この時期にはやはり釣れるようです。

この後もいろいろお話しをしながら数を伸ばし、更に24cmのデカアジ1匹追加。

9時頃になると回遊がなくなり、ウキ仕掛けを回収中に底のカゴが足元5mほどのところにある捨て石に引っかかり、ウキもろともロスト、残念。

四季の釣りのごとく、このままでは終われない

周りを見渡すと、東西500mほどの広大な釣り場には私一人。

""

超贅沢な貸切状態です。

この時点でクーラーボックスは3/4くらい埋まってましたが、エサが残っているので仕掛けを自作ぶっこみサビキに変えてみました。

20m~30m沖に投入し、少ししゃくりを入れては待ち、またしゃくりを入れて待つという作戦に変更。

ポツリ、ポツリと追加しているのを見られていたおじさんが声をかけてくださいました。

目ざとくぶっこみサビキに気づかれました。

エサがロケットカゴの上から少しずつ落ち、サビキ仕掛けと同調します的なことを説明すると、感心されてました。

その後も散歩の方々が立ち寄られ、いろいろお話をしながら釣り続けます。

なんせ、釣り人は私1人しかいなかったので、釣りに興味があるかたは私のところへ立ち寄っていかれたのだと思います。

のんびりお話しをしながら釣果を伸ばしましたが、10時ころ雲行きが怪しくなってきたので納竿としました。

氷締めしていた水を抜くと、若干かさは減りましたが、ほぼ満杯。

宣言した50匹は越えているのは間違えないです。

家に帰ってびっくり

今回の収穫はぶっこみサビキの効果が確認できたこと。

足元でも少し沖に投げ込んでも、海底近くを泳いでいるアジたちがバンバンかかります。

下の娘と一緒に数を数えながらキッチンのシンクに並べていくと、驚きの新記録達成!

81匹!

15cm以下は10匹ほどリリース、オートリリースも10匹くらいあったので、今回はマアジだけで100匹ほどが仕掛けにかかったことになります。

そのあとは、みなさんのご想像どおりです。

4時間かかりました。

奥さんにも一言

釣り過ぎやろ

その通り、わかっちゃいるけどやめられない!

懲りずにまた行こうと思います。

釣行データ

2016/10/28 5:00~10:00 曇り 気温 16度 日の出 6:16

中潮 5:50 満潮 ( 1.3 m )  11:35 干潮 ( 0.7 m )

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。