初心者タチウオ釣りルアー道具一式

タチウオの釣りかたはいろいろありますが、タチウオ釣り初心者がお手軽にできるのがワインド釣法です。

あまり考えずに適当にロッドをしゃくっても釣れるときがあります。

もちろん、本当はタナを気にしたり、しゃくりの間隔を気にしたりする必要があるのですが。

私が使っているタチウオ釣りの道具をご紹介いたします。

スポンサーリンク
ゼロから 大

ワインド釣法

ご存知、タチウオといえばワインド釣法

しゃくってしゃくって根こそぎ釣りあげましょう。

愛用のジグパラワインド

メジャークラフトさんのジグパラワインドです。

ちょっと錆びてますが、これでタチウオを釣ってます。

ワームの中に発行体を入れますがダイソーのケミライトを使ってました。

少し輝度が足りないので最近はケミホタルミニ25を使ってますよ。

ダイソーよりも高い分、よく光ります。

ジグパラ ワインドミノーは3種類、ナイトゲームに強い夜光、朝夕のマズメ時の光量が少ない時用のケイムラパール、日中やクリアーな水質用のケイムラピンクです。

有名どころのオンスタックルワインドセット

素晴らしい釣果を上げている人も多いことでしょう。

私はライトワインド用のマナティ-38を使ったことがありましたが、タチウオ用のものはまだです。

機会あれば試してみたい逸品です。

ZZヘッドとトレブルフックやアシストフック、ワイヤーリーダー、ケミチューンが入っています。
マナティーは3種類、マナティー90 #Lumi1、マナティー90 #1 パールホワイト、マナティー90 #AN3 ベイトフィッシュSP。

LumiはLumiNovaと呼ばれるワームで、紫外線ライトを当てるととっても良く光ります。

FLAP釣法用のワームを持っていますが、10秒ほどライトを当てると10分くらいは光っています。

LumiNovaとケミチューンでタチウオを一撃!

ワインド専用ロッド

各社それぞれ特徴ある製品をつくられてますが、サラリーマンの少ない小遣いで手が出そうな\10,000前後の製品を参考にラインナップしてみたいと思います。

シマノ ソルティーアドバンス[SALTY ADVANCE] TACHIUO S806ML

ジグヘッド+ワームのワインド釣法、シマノさんの太刀魚ゲッターはもちろん、ミノー、バイブレーション等様々な釣り方ができるタチウオ専用ロッドだそうです。
トップはSiCガイド採用でPEライン対応です。

長さ:8.6feet

ルアーウエイト(g):6-28(~1oz)

適合ライン:[ナイロン/lb]8-16、[PE/号]0.6-1.5

仕舞寸法(cm):133.3

自重(g):145

シマノ スピニングロッド ルアーマチック S86ML

ここはあえて汎用ロッドのルアーマチック、お値段もお手頃ですし。

私はルアーマチックスピニングのS80Lでワインドをやったりしますが、少し硬いほうが良いと思うのでこです。

シーバス、エギング、タチウオ、トラウトなど幅広いルアーゲームに対応するオールラウンダーといううたい文句なので、秋から冬にかけてのワインドだけでなく、他にも楽しめます。

長さ:8.6feet

ルアーウエイト(g):6-28(~1oz)

適合ライン:[PE/号]0.6-1.5、[ナイロン/lb]4-16

対象魚:ブラックバス トラウト シーバス クロダイ タチウオ ヒラメマゴチ

仕舞寸法(cm):133.3

自重(g):145

メジャークラフト クロステージ 太刀魚ワインド

ソルパラではなくちょっとだけランクアップのロッドです。

マイクロピッチクロスフォースが採用されているようです。

※1〜3層にそれぞれ横・縦・横方向に繊維を巻き強度を安定させ、さらに外層をX状にダブルテーピングを施し締め上げて補強する、ネジレに強い新製法。

若干、強度足りないか?14g(1/2oz)を想定しているようです。

長さ(ft) : 8.6feet

ルアーウエイト(g) : 7-21(3/4oz)

PEライン(号) : 0.6-1.5

アクション : レギュラー ファースト

アブガルシア スピニング ソルティースタイル ワインド STWS-892MH-KR

デザインとってもかっこいい!

Fuji KRガイドはラインのバタつき、ロッドのパワーロスを抑えて正確性とフッキングパワーがUP!

Xカーボンテープで締めあげることによりトルクを向上、ねじれ防止に貢献だそうです。

長さ(ft):8’9feet

仕舞(cm):136.5

標準自重(g):181

ルアーウエイト(g):14~21(1/2-3/4oz)

ライン(lb):~30 / PEライン(号):0.8~1.5

ワームを使った引き釣り系の釣法

去年あたりから流行りだしたFLAP釣法

YouTubeの動画を見て私も買いました。

FLAP釣法

去年から少し進化してFLAP2になっています。

FLAP1から何が変わったか?

ワームキーパーがジグヘッドに付けられました。

私はマナティーピンテールルミノーバを買ってみました。

紫外線ライトでこんな風に光ってタチウオにアピールしますよ。

この釣法はどじょうの引き釣り系ですね。

メジャークラフトの太刀魚道場

同じような考え方の釣り方で作られたのが、太刀魚道場。

残念ながら写真は無いのですが、こちらもYouTubeで紹介されています。

こちらもよく釣れそうです。

その他の釣り方

ウキ釣りはもっともポピュラーな釣り方なので、おじさんを中心に人口はもっとも多いかもしれません。

電気ウキに、ワイヤーハリス、エサはサンマ、キビナゴなど。

タチウオがしっかりエサをくわえこみ、沈んでから合わせをいれましょう。

あとは引き釣りですかね~。

タチウオゲッターなど引き釣りがやりやすいような道具もでていますので、便利かもしれません。

ワンポイントお得情報

光る系のワームに光を蓄えるために照射する紫外線ライトですが、ブランドが違うだけでお値段が相当違います。

たぶんものは同じだと思います。

こちらはフィッシュアローのものですが、\1,200近くします。

こちらはプロックスの根魚権蔵。

お店で見ても同じとしか思えない形ですが、こちらは\800を切ります。

さ~てどちらを買いますか?

私はこちらを買いました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。