リールの基礎知識

リールの基本的な知識について説明します。

糸を竿の先に結んてその先にハリを結ぶだけでも釣れますが、少し離れた場所まで仕掛けを投げたとき、手で糸をたぐって回収するのは面倒なので、糸巻きに自動で巻いてくれる道具です。

リール色々

リールと一言で片づけますが、私が持っているものだけでもこれくらいあります。

大体同じような形ですが、中には丸いのやら小さいのやら、レバーがついてないのもあります。

船釣りで使う電動リールや、浜辺から100m以上投げて魚を狙う投げ釣り専用リールとか、冬のワカサギ釣りで使うパソコンのマウスのような小型電動リールなど様々な種類がありますが、大きく分けるとスピニングリールベイトリールに分けられます。

回転する方向と糸が出る方向が90度の角度になっているのがスピニングリールで、回転する方向に糸が出るのがベイトリールです。

詳細については別のページで説明します。

スポンサーリンク
広告
広告

フォローする